グレインフリーの選択

数あるキャットフードの中で、グレインフリーが選ばれるようになってきたのは、ここ最近のことです。猫も単純なペットから、大切なパートナーになり、だんだん自然に興味を覚え、その生態などがいろいろと研究されるようになってきました。そういった知識の中で、穀物の摂取に関して、疑問を感じるようになっても不思議ではないでしょう。長く穀物入りのキャットフードを与えていてもアレルギーなどの健康被害がなければ、もちろん今まで通りでかまいませんが、何かのキッカケで消化不良や皮膚炎など何か変わった症状があれば、グレインフリーに変えてみてもいいかもしれません。

また、そういった場合は、一度商品の原材料を調べてみるのもいいでしょう。あまりにも安価なもののなかには、穀物のほうが多く含まれていて肝心の栄養素が少なめのものもあり、適正な量を食べていても、カロリーは十分なのに、栄養は少ししか取れていない場合も考えられます。猫も家族の一員という、今や、良きパートナーとして、一緒に過ごす時間も長ければ長いほど、愛情も深くなります。そういった中で、猫の健康に関するリスクを少しでも少なくしたいのは当然でしょう。グレインフリーの選択は、愛情の一つの現れかもしれません。

[参照サイト]
【ジャガー】プレミアムキャットフード|英国産こだわり品質のキャットフード

Pocket

キャットフードの種類

さて、いろいろな種類のものが数多く販売されているキャットフードですが、使用されている個々の材料についても調べてみました。猫と言えば、やはり思いつくのは魚でしょう。魚もまぐろ、かつお、白身魚と言った厳選された一つの種類に限定されたものから、数種類を混ぜ合わせたもの、中には有名な漁港をネーミングに冠したものなどもあり、少し高めの値段になっているものもあります。それらは特に缶詰タイプのものが多いようですが、人間のものと変わらないくらいのラインナップです。

さらに、レトルトタイプだと人間でも食べたくなるような、凝ったパッケージに入れられているものが出ています。これらは主食、副食、間食さらには療法食といったものまであり、猫の成長段階や体調に合わせてさまざまなものが販売されています。エサというよりも、もう立派な食事です。どちらかというと、乾燥タイプのものは特に栄養バランスを考えて主食になるものが多く、これだけでも十分良いようですが、飽きてしまう場合もありますので、缶詰やレトルトタイプのものも時々は副食や間食として与えるようにしましょう。さらに老齢になってくると、人間と同じように、食欲や体力などに衰えが出てきますので、少ない量でも適正なカロリーが得られるタイプのものをお勧めします。

Pocket

注目のグレインフリー

さて、みなさんは最近ペットフードに関して話題になっているグレインフリーという言葉をご存知でしょうか。現在販売されている多くのペットフードには、グレインフードと呼ばれる穀物が配合されています。例えば、一般的なところではトウモロコシ、小麦や大麦、コメ、大豆などです。もともと猫や犬は、肉食動物ですので、これらの穀物を消化する酵素がないため、必要のない栄養素です。

では、必要のない要素がなぜ入っているのでしょうか。それはコストの面が一番大きいと考えられます。毎日必要なものですので、魚や肉だけの単一のものだとどうしてもコストが掛かってしまい、あまり高価格だと購入する側も大変です。適正な量であれば問題はないので、その範囲内で含まれているということになります。ほとんどの場合は、この穀物が入っていても問題はないのですが、人間と同じように、中にはアレルギーを起こしてしまう場合もあるので、注意が必要です。

一度アレルギーを起こしてしまった場合はもちろん、グレインフリーのものでなくてはなりません。さらに、元々必要のないものを与えるのも不自然という考えの飼い主も増えてきているので、これからはグレインフリーのものがどんどん販売されるようになるでしょう。

Pocket

面白キャットフード

最近はキャットフードも数多くの種類があり、どれを購入したらいいのか迷うほどです。犬に比べてどちらかというと、好き嫌いのある猫を飼っている飼い主さんにとっては、大変ありがたいものです。中にはキャットフードらしからぬネーミングのものもいっぱいあって、なかなかおいしそうな写真も食欲をそそりそうです

例えば、懐石料理風なもの、有名な漁港で仕入れたマグロなど、人間でも食指が動きそうなくらいのものまであります。しかも、乾燥タイプならいかにもエサ的な雰囲気ですが、缶詰やレトルトなどの場合は、見た目でも間違えそうです。古くは、残りごはんにみそ汁を掛けたものが多かった時代からすると、ものすごい進歩を遂げたと言っていいでしょう。そういったある意味豪華な食事となったのは、時代とともにペット事情も大きく変わってきたことが原因とも言えそうです。

猫はもともと肉食動物で、ネズミなどの小型動物や昆虫などを食べていますが、家庭でもネズミ退治用として飼われだしたのが始まりと言われています。そうしているうちに、少子化など時代の流れとともに家族形態も変化してきて、今では猫もまるでその家庭の子供のように立派な家族の一員となっている家庭が多く見られます。となると、猫への愛情もますます深く、粗末な食事では心配なのでというのが人情でしょう。そういったニーズととも、キャットフードもどんどん需要が増え、より良く美味しいものが作られるようになってきました。

Pocket