数あるキャットフードの中で、グレインフリーが選ばれるようになってきたのは、ここ最近のことです。猫も単純なペットから、大切なパートナーになり、だんだん自然に興味を覚え、その生態などがいろいろと研究されるようになってきました。そういった知識の中で、穀物の摂取に関して、疑問を感じるようになっても不思議ではないでしょう。長く穀物入りのキャットフードを与えていてもアレルギーなどの健康被害がなければ、もちろん今まで通りでかまいませんが、何かのキッカケで消化不良や皮膚炎など何か変わった症状があれば、グレインフリーに変えてみてもいいかもしれません。

また、そういった場合は、一度商品の原材料を調べてみるのもいいでしょう。あまりにも安価なもののなかには、穀物のほうが多く含まれていて肝心の栄養素が少なめのものもあり、適正な量を食べていても、カロリーは十分なのに、栄養は少ししか取れていない場合も考えられます。猫も家族の一員という、今や、良きパートナーとして、一緒に過ごす時間も長ければ長いほど、愛情も深くなります。そういった中で、猫の健康に関するリスクを少しでも少なくしたいのは当然でしょう。グレインフリーの選択は、愛情の一つの現れかもしれません。

[参照サイト]
【ジャガー】プレミアムキャットフード|英国産こだわり品質のキャットフード

Pocket