さて、みなさんは最近ペットフードに関して話題になっているグレインフリーという言葉をご存知でしょうか。現在販売されている多くのペットフードには、グレインフードと呼ばれる穀物が配合されています。例えば、一般的なところではトウモロコシ、小麦や大麦、コメ、大豆などです。もともと猫や犬は、肉食動物ですので、これらの穀物を消化する酵素がないため、必要のない栄養素です。

では、必要のない要素がなぜ入っているのでしょうか。それはコストの面が一番大きいと考えられます。毎日必要なものですので、魚や肉だけの単一のものだとどうしてもコストが掛かってしまい、あまり高価格だと購入する側も大変です。適正な量であれば問題はないので、その範囲内で含まれているということになります。ほとんどの場合は、この穀物が入っていても問題はないのですが、人間と同じように、中にはアレルギーを起こしてしまう場合もあるので、注意が必要です。

一度アレルギーを起こしてしまった場合はもちろん、グレインフリーのものでなくてはなりません。さらに、元々必要のないものを与えるのも不自然という考えの飼い主も増えてきているので、これからはグレインフリーのものがどんどん販売されるようになるでしょう。

Pocket